2016年8月12日 (金曜日)

あさまの森オートキャンプ場7回目

8月8日~11日、長野の「あさまの森オートキャンプ場」へ。7回目。

Dscf6271

8日朝、松本のキャンプ場を出て、お風呂に入って、道の駅「雷電くるみの里」で昼食を済ませ、14時過ぎにチェックイン。

Dscf6282

今回は3泊の予約。3泊目から割引料金。

Dscf6369

「あさまの森」はACNグループ。ACNカードのポイントが5点貯まった記念に可愛いカエルのボールペンを下さった。

Dscf6276

今回のサイトは「りす6」。前にマメ吉と一緒に過ごしたサイト。

Dscf6273

Dscf6272_2

Dscf6278

Dscf6288

Dscf6290

Dscf6318

リピーター特典で頂いた地ビールとりんごジュース。いつも楽しみにしている。

Dscf6333

森の中のキャンプ場。ほっとする。

Dscf6287

Dscf6289

Dscf6292

Dscf6294

Dscf6299

Dscf6285

Dscf6312

Dscf6314

Dscf6389

いつも清掃が行き届いているサニタリー棟。

Dscf6298

りすエリアにある臨時の水汲み場。

Dscf6281

ゴミの分別は細かく、収集時間も厳格。

Dscf6284

きれいに整備された電源ボックス。管理人さんの手作業。

Dscf6327

夜になると場内は真っ暗。星空がきれい。

Dscf6320

9日朝は濃い霧。

Dscf6330

Dscf6328

場内でおサルさんに出会った。

Dscf6331

霧が晴れた場内。

Dscf6334

Dscf6335

子供に人気のハイジのブランコ。

Dscf6283

新しいブランコ型ベンチ。

Dscf6300

管理棟横に新しく出来たハンモック型チェア。ここで管理人さんとおしゃべりしたり、気持ち良くお昼寝したり。すっかり気に入った。

Dscf6307

Dscf6304

販売用の薪。

Dscf6339

Dscf6337

Dscf6338

マメ吉パパは管理人さんにお断りして、草むらから枝拾い。

Dscf6345

小鳥の囀りが響く場内。

Dscf6348

午後は東御市の「アートヴィレッジ明神館」へ。露天風呂から浅間連峰がよく見える。

Dscf6351

10日朝、キャンプ場奥の牧場へ。

Dscf6368

Dscf6365

Dscf6367

昼食にダッチオーブンでピザを焼いたので、バジルを摘ませて頂いた。

Dscf6363

Dscf6309

午後はチェリーパークラインをドライブ。長野と群馬の県境の車坂峠へ。

Dscf6381

Dscf6376

Dscf6377

「あぐりの湯こもろ」の温泉へ。

Dscf6384

立秋を過ぎ、場内に秋の気配。

Dscf6336

Dscf6370

11日は「山の日」。この日からキャンプ場は混むので、お昼前にチェックアウト。お盆中はペット禁止になってしまった。周囲に温泉も大型スーパーも多く便利なのに、場内は静かな森の中で、お気に入りのキャンプ場。普段の週末1泊キャンプで伺うには遠いのが残念。

Dscf6388

キャンプ場を出た後、4年前の8月にマメ吉と一緒に鹿沢高原へ向かったルートを辿った。

Dscf6398

Dscf6395

Dscf6405

「真田丸ブーム」に乗ったわけではないけれど、「岩櫃城温泉くつろぎの館」へ。気持ちの良い温泉だった。

Dscf6413

Dscf6416

群馬の道の駅めぐり。「中山盆地」の今年の田んぼアートのテーマは「甲冑を着たぐんまちゃん」。

Dscf6422

道の駅「あぐりーむ昭和」にP泊。

12日は群馬と埼玉の道の駅を回って帰宅。

☆在りし日のマメ吉☆

P10102637歳 

P107056314歳 「あさまの森」にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月曜日)

あさまの森オートキャンプ場6回目

10月10日~12日、長野の「あさまの森オートキャンプ場」へ。6回目。

約1年振りに伺ったら、看板がローマ字から変わっていた。

Dscf3622

9日は横川SAにP泊。10日、お買い物をして、アーリーチェックイン時間より30分も早く到着。オーナーは場内整備中で、場内を散策しながら時間調整。

Dscf3618

Dscf3627

Dscf3625jpg2

Dscf3628

Dscf3632

Dscf3645

Dscf3649

この連休は子供連れが多いとのことだったので、「ハイジのブランコ」から離れた「かっこう12」サイトにした。

Dscf3634

Dscf3639

Dscf3640

Dscf3646

Dscf3657

ここはゴミの分別・ゴミ出し時間が細かく決められている。チェックイン時に渡されるファイルにびっしり書き込まれているけれど、「読んでおいて下さい」ではなく、オーナーがチェックイン毎に毎回、丁寧に説明。説明は利用者全員が聞くことが義務付けられている。リピーターも例外ではない。場内がいつもきれいなのは、オーナーがまめに清掃なさっているからばかりではなく、オーナーの思いがキャンパーに伝わっているからだと思う。

Dscf3638

Dscf3650

Dscf3658

お湯が出る炊事棟。合成洗剤は禁止。重曹が置いてある。

Dscf3623

Dscf3654

女性トイレに水槽が登場。生きている金魚かと思ってしまった慌て者のマメ吉ママ。

Dscf3678

洗面台の横に化粧ポーチなどを置くことができる台が取り付けられていた。使い勝手が良く、嬉しい。

Dscf3676

「りすサイト」の水場が立派になっていた。

Dscf3647

真っ赤な夕焼け空。

Dscf3663

森の中の静かな夜。

Dscf3670

Dscf3671

11日、前夜半からの雨が続く中、キャンプ場の奥にある牧場まで散策。晴れていれば浅間山が正面に見えるのに、あいにく雲の中。

Dscf3684

Dscf3688

この日は「焼きリンゴサービス」イベントの日。雨でどうなることかと心配したけれど、開始1時間前には陽が射して、オーナーが準備開始。

Dscf3700

火熾しのお手伝いをするマメ吉パパ。

Dscf3705

大きなリンゴをそのままホイルに包んで火の中へ。「本当に美味しいリンゴは味付け無しで十分美味しい」とオーナー。

Dscf3708

Dscf3710

Dscf3713

Dscf3715

Dscf3721

場内の栗を拾って洗って切れ目を入れて、リンゴと一緒に火の中へ。

Dscf3697

Dscf3694

Dscf3717

リンゴの焼き上がりを待つ間に、焼きマシュマロ。

Dscf3719

美味しい焼きリンゴが出来た。ご馳走様でした!

Dscf3722

昼食後、浅間連峰の雄大な絶景を見ることが出来る「あぐりの湯こもろ」へ。

Dscf3732

リピーター特典で頂ける地ビール。いつもは地ビールとりんごジュースだけれど、「焼きリンゴの火熾しと後片付けのお礼」で地ビール2缶。ビールがあまり得意でないマメ吉ママも美味しく頂くことが出来るビール♪

Dscf3733

キャンプ場内には街灯がなく、ソーラーライトの灯りだけ。星がとてもきれいだった。

Dscf3739

Dscf3679

12日、気持ちの良い秋晴れ。

Dscf3738

東京からの、今年11歳になる黒柴のケンシロウくんとホクトちゃん。人懐こく、とても穏やか。たくさんなでなでさせてくれて、ありがとう!

Dscf3742

Dscf3746

渋滞予報が出ていたので、早目にチェックアウト。浅間山を見ながら帰宅。

Dscf3752

☆在りし日のマメ吉☆

Dscf00205歳

P100077411歳

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日曜日)

あさまの森オートキャンプ場5回目

7月18日~20日、長野の「あさまの森オートキャンプ場」へ。5回目。

P1070418

知人のTファミリーと「ツルヤ軽井沢店」で待ち合せ、昼食・お買い物をして、キャンプ場へ。Tファミリーはログキャビン派なので、一番近い「りす2」のサイトをオーナーが押さえておいて下さった。

P1070390

P1070457

P1070404

自然がいっぱいの大好きなキャンプ場。

P1070403

P1070413

P1070416

P1070423

設営後、近くの「常盤館」の展望露天風呂「雲之助湯」へ。お風呂に登山電車で行くのが楽しいし、眺めも良い。

P1070401

P1070395

P1070399

P1070396

女湯(T夫人とマメ吉ママだけだったので・・・)。

P1070397

P1070398

夕方から雨。

P1070406

この日は貸し切りで、ゆっくり。

P1070407

19日、キャンプ場から割引券を頂き、「松井農園」でブルーベリー狩り。色々な種類の物を食べ比べることができる。

P1070426

P1070433

P1070434

TファミリーのKくんが見つけたカブトムシ。せっかく見つけたのに、傍にいた小さな男の子にプレゼントしていた優しいKくん。

P1070435

お昼ご飯は道の駅「みまき」でお蕎麦。

P1070438

「あぐりの湯こもろ」へ。見晴らしの良い温泉。

P1070442

温泉から出るとキャンプ場は雲の中。1時間ほど雷雨だったそう。でも、水はけが良いキャンプ場なので、戻ると何ともなかった。雨対策をしておいて良かった。

P1070445

P1070409

三連休で、キャンプ場は賑やか。お湯が出る炊事場はオーナーが朝晩まめに清掃して下さるので、いつも気持ち良く使うことができる。

P1070412

20日、チェックアウトして、道の駅「ほっとぱーく・浅科」に寄り、「マルメロの駅ながと」で昼食後、帰宅するTファミリーとお別れ。

P1070461

P1070464

我が家はどこかにもう1泊するつもりで八ヶ岳を眺めながら白樺湖などを回ったけれど、連休の中日に帰った方が道が空いていそうなので、帰宅することに方針変更。

P1070465

川崎に戻ると、ちょうどゲリラ豪雨で、川崎駅前が冠水していてびっくり!車が動かなくなるのではないかと怖かったけれど、無事に帰宅。

☆在りし日のマメ吉☆

P1070235jpg114歳 白樺湖にて

P107061214歳 キャンプ場のラッキーちゃんと 

ラッキーちゃんが昨年秋から迷子になって行方不明。元気でいますように!キャンプ場に戻って来ることができますように!

P101089515歳 一緒にブルーベリー狩り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日曜日)

あさまの森オートキャンプ場4回目

8月2日~4日、長野の「あさまの森オートキャンプ場」へ。4回目。

P1030908

1日は群馬の道の駅「上州おにし」にP泊。群馬にあるキャンプ場を目指していた。初めてのところなので見てから決めようと、2日朝、行ってみたところ、道路沿いなのが気になったものの林間サイトでトイレも炊事場もきれいで格安で、ここにしようかと心が動いたが、近くの温泉が林間学校で貸切のため利用できず、さらに、食材を調達できるお店が近隣になく下仁田まで出なければならず、戻るのが億劫になってしまい、ここまで来たのなら「あさまの森」がいい、と急遽お電話して伺うことにした。横川SAでお昼ご飯をすませ、お気に入りのスーパー「TSURUYA軽井沢店」でお買い物をして、「あぐりの湯こもろ」の温泉に入り、15時にキャンプ場へ。

P1030953

管理棟。マメ吉、オーナーさんはマメ吉の旅立ちをご存知で、お会いするなり「寂しいですね。」とおっしゃって下さったわよ。

P1030934

今回は「りす4」のサイト。

P1030918

P1030924

電源付き。夏の連泊は、電源がないと車の冷蔵庫が不安。

P1030938

一昨年、初めてマメ吉とここに伺った時の「りす6」のお向かい。

P1030949

「りすエリア」にある水場がきれいになっていた。

P1030922

サニタリー棟。炊事場・トイレ・シャワー・ゴミ置き場が一まとまりになっている。

P1030925

炊事場はお湯が使える。生ゴミ入れのバケツが置いてあり、合成洗剤の使用は禁止。ランドリーもある。

P1030970

ログキャビン。

P1030937

看板犬のラッキーちゃん。とても人懐こい。

P1030916

名前通り、森の中のキャンプ場。3日の日中は皆さんお出掛けで、場内にいるのは我が家のみ。風の音、鳥と虫の声、そして時折ラッキーちゃんの遠吠えが聞こえるだけ。何もしない贅沢なひと時。

P1030919

P1030926

「かっこうエリア」にある「ハイジのブランコ」。

P1030929

昨年、マメ吉と3泊した「かっこう6」サイト。

P1030945

夜は場内の余計な灯りが消され、とても静か。星空がきれい。

P1030941

リピーター特典として頂いたビールとりんごジュース。

P1030969

1歩もキャンプ場から出ずに過ごし、4日はチェックアウトの後、「碓氷峠の森公園交流館・峠の湯」に行ったところ「火災のため臨時休業」の看板にびっくり。安中市の磯部温泉「恵みの湯」に入って帰宅。

「マメちゃんがいなくなってもキャンプを続けているの?どうして?」と尋ねられることが度々。どうしてなのか自分でもわからず、不思議。

☆在りし日の「あさまの森」でのマメ吉☆

P1060871 14歳 一昨年、ラッキーちゃんと

P1010847 15歳 昨年、「かっこう6」サイトにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火曜日)

あさまの森オートキャンプ場3回目

8月4日~7日、長野の「あさまの森オートキャンプ場」へ。3回目。

P1010852

P1010853

前回と同じ「かっこう6」サイト。

P1010847

P1010841

自然を満喫できる場内。大好きな「あさまの森」でマメ吉は楽しそう。

P1010832

P1010833

P1010842

今回は何故かワイルドなマメ吉。

P1010837

P1010840

P1010859

P1010874

設備が整った炊事場。いつも清潔にお掃除されていて気持ち良く使うことが出来る。

P1010856

キャンプ場のラッキーちゃんはサマーカットされていた。

P1010849

P1010868

東京から来ていた柴犬「ギン太ちゃん」。

P1010865

ギン太ちゃんは7歳でマメ吉の半分以下の年齢。体重は18キロでマメ吉の2倍以上。

P1010888

ギン太ちゃんもたくさんお出掛けしている。また何処かでお会い出来ますように!

P1010889

P1010903

リピーター特典で頂いた地ビールとりんごジュース。ご馳走様でした!

P1010871

キャンプ場近くの「松井農園」でブルーベリー狩り。抱っこかカートに乗せればペットもOK。時間制限無しで食べ放題。

P1010895

雨が降り出したので泣く泣く引き上げようとしたら、傘を貸して下さった。傘を差して食べ続けたマメ吉パパ&ママ・・・。

P1010897

1日目は場内のシャワー、2日目は道の駅「みまき」の「御牧之湯」、3日目は「あぐりの湯こもろ」へ。
2日目の夜はかなりの雷雨、3日目は雨が降ったり止んだりだったけれど、概ねお天気に恵まれた。晴れると日中は暑いけれど、朝晩は涼しく、マメ吉はお家にいる時の何倍も元気。

P1010885

名残惜しかったけれど、7日のお昼前にチェックアウトし、鹿沢高原のキャンプ場へ向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月曜日)

ACNあさまの森オートキャンプ場2回目

9月17日~19日、長野の「ACNあさまの森オートキャンプ場」へ。2回目。

P1070539

今年7月に初めて伺い、大好きになったキャンプ場。我が家からは少々遠いので、1泊ではちょっと大変。三連休を待ちかねて伺った。川崎は真夏日が続いていたけれど、キャンプ場はすっかり秋の風情。

P1070542

P1070535

P1070585

前回は「りすサイト」、今回は「かっこう6サイト」。

P1070556

P1070530

「ハイジのブランコ」のすぐ脇。小さい子の声で賑やか。お子様連れの若いファミリーは「かっこうサイト」がおすすめだけれど、静かな大人のキャンプを楽しむには前回の「りすサイト」の方がよい。

P1070554

P1070558

お湯が使える炊事場は清掃が行き届いていて、常に気持ちよく使える。奥のトイレの洗面台もお湯が出るのが嬉しい。

P1070534

オーナーご一家の人柄が伝わる可愛い小物があちらこちらに・・・。

P1070540

P1070579

P1070581

キャンプ場のラッキーちゃんとマメ吉。

P1070589

P1070598

P1070612

P1070618 

キャンプ場から200メートルほどのところにある牧場。

P1070602

浅間山がくっきり。

P1070604

牧場まではかなりの凸凹道。因みに、キャンプ場入り口までの600メートル程もこのような道。

P1070609

リピーター特典で下さった地ビールとりんごジュース。どちらも美味しく頂いた。ご馳走様でした!

P1070620

キャンプ場から車で3分ほどのところにある「菱野温泉常盤館」の「登山電車で行く展望露天風呂 雲の助」。

P1070566

10時半過ぎに伺ったところ、「営業は11時から。でも、ちょうど清掃が終わったところですので、どうぞ」と気持ち良く迎えて下さった。

P1070572

一番風呂を独り占め。標高1050メートルという女湯からの眺望。

P1070574

内湯のみの半額券はキャンプ場の受付で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月曜日)

ACNあさまの森オートキャンプ場

7月16日~18日、長野の「ACNあさまの森オートキャンプ場」へ。

P1060823

暑いのが苦手なマメ吉を涼しい高原に連れて行こうと思いつつ、三連休だというのにどこも予約せずに金曜日のお夕食後、出発。双葉SAにP泊し、16日朝から野辺山と松原湖のキャンプ場を見に行ったけれど、どちらも気乗りせず、もう1箇所見てだめならP泊の旅にしようと訪れたのが「あさまの森オートキャンプ場」。場内に入るなり「ここ!」と一目惚れ。幸いサイトに空きがあり、すんなりチェックイン。

P1060824

場内は「りすエリア」と「かっこうエリア」に分かれていて、「りす6」のサイトへ。

P1060811

P1060819

森の中の静かなキャンプ場。

P1060812

P1060814

P1060815

場内はかなり起伏があったけれど、マメ吉は頑張ってお散歩。

P1060839

2008年春にオープンしたばかり。どこもきれい。花壇にかわいい置物。・・・マメ吉のお耳の「白髪」が目立つ・・・。

P1060843

炊事場はお湯も出る。合成洗剤禁止で重曹が常備されている。キッチンハーブの鉢植えがあって「ご自由に」とのこと。

P1060821

トイレ、シャワー。

P1060848

ゴミの分別はとても細かい。チェックインの時にオーナーから丁寧に説明された。

P1060844

乗馬のイベントが開催されていた。

P1060855

森の中の「ハイジのブランコ」。

P1060858

キャンプ場のラッキーちゃん、4歳。

P1060873

ホタルブクロも咲いていた。

P1060831

オーナーのこだわりが随所に感じられる、居心地の良いキャンプ場。お気に入りのキャンプ場がまた一つ増えた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)