« にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その3 稚内 | トップページ | にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その5 増毛・新千歳から帰宅 »

2019年8月30日 (金曜日)

にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その4 留萌・天売島・羽幌

8月30日、留萌港へ向かう。

Bf2d9874214c4886a7236e2b5bf717c0

お船での最後の朝食。

141b0826715547cc862c460fe983bd75

留萌港接岸。

Adf661fe13d444bdb440143f6aeac700

3672dfa37ed44984b5a1a7cdf70ffcfc

盛大なお出迎え。

33e6d721859e4738ac84f406d8df5358

78fbfef67f174251a99c1766f1959493

077d4315d9db43169f8e01d1c4327b9a

ここで「にっぽん丸」とお別れ。1泊2日のオプショナルツアーへ。まず、「黄金岬」。マメ吉と13年前に訪れた所。

F934b5c25d3f4bc1b60c3a9b21843e81

13年前には無かった佐藤勝の「若者たち」の碑。

575bb416d6da4aa593a4fc9ea4e577de

「留萌海のふるさと館」。焼きホタテを一皿ご馳走になった。

3279195664314b0eb6943aa27ffbdfcd

3db90ce12a9f4485b3a08a56931538a1

「旧花田家番屋(にしん御殿)」。

21b827a6f57546ceb779d61ff646693c

4d729c5625d64e5c9876b766f3772020

Dscn2318

4d3251695b834896b856ca4d9e5b0b1a

道の駅「おびら鰊番屋」が隣接。

E8be602a264944c1876e841a64ba93a3

Dscn2330

羽幌町の「海鳥センター」。日本唯一の海鳥専門施設。

09ff604871ae40e783268a63dbf6da87

「はぼろバラ園」を通って、昼食会場のホテルへ。

Afa9b8edca494cfd8f8598e2994d1df6

昼食は「はぼろ温泉サンセントプラザ」にて。今晩のお宿。道の駅「ほっと・はぼろ」も入っている。

5dbb27e6733c46528fb853914d23d59c

B1cbb872b5794e3ba9061cece81e15d4

E9d3acad7c094415902ba6a359b5c1f4

5114d8627978468fbf095fcff41d07be

羽幌港からチャーターした高速船に乗る。

75e1f790355444ddb64aced8b087495e

67983eb8505849c490580abfa51b60ec

「焼尻(やぎしり)島」の横を通る。

Ab8a279bb7194fa3b7e09650b7046c7a

「天売(てうり)島」へ。

A158b1a29ffd409a94d2e1d603f9fdff

島内一周約12キロの島に海鳥が100万羽。小さなバスに分かれ、ガイドさんに案内して頂く。

Dscn2363

81e1b2c638ba4524932a6d745203e1fe

F0721f02f28949d69320867832dbb543

8fc5d1036bc242439784325d71cb32cd

650183cf76504cfdbc4dd8dcefb79112

E9c3d24464c54bf3854e16ce45caa640

E6c59234568b4512b568f35d16647ff3

島内の「海の宇宙館」。情報センター。

E53a66e0a21141398973cc657b6dd2c7

「赤岩展望台」。

8ef410a3035741189dee182697901ca9

4b69810ea11447709e4f5002d074333a

80dc8e6ef9c2431b933e686532749581

7a794a93d22a4623aabc3d438c9dcb13 

26d03a943993465e94efd729442b67e2

赤岩。

079885e8f27c4546bd96070fd549eff9

お隣の焼尻島が目の前。

A0ef8c6bcf1842929475228d1d102abd

Dscn2442

「海鳥観察舎」。

98046d40e3fe4e4faae6aaee8fc2694a

46fbde0798824d3d9db3dae637bed2d8

ウトウの繁殖地で、たくさんの巣穴。同じツガイが同じ巣穴を使うと聞き、びっくり。

B9dff4b243aa475c8ecf0d435f421248

0e79f14ff69547d4a83aa8a0b2d8ae9d

7985fc23d145493ea41ad00fe8701f1b

一面に一年草のイタドリ。

A683f52b230245fa9427d53491138708

81100d39be2b413cb6f4b6c7e75ed2f6

「観音崎展望台」。

09e4b09e10614bb69789c6a033ef548b

羽幌も見えた。

D65feecf187a4e82823479c9168c5abc

天売港に戻る。生ウニを頂く。動いていた!

86d00512a2294d19ada641907f37496f

B6c3a0e7635c43da857a932a4fd80d73

高速船で羽幌に戻り、「サンセントプラザはぼろ」にチェックイン。

Cd0df78575d248adb5aa081ca307efe3

純和室。

4e1143860d5d45e98e4f90ead5033295

大浴場の温泉に入り、お夕食。

15332716ef254b85aee27502ef96fe12

Da381f27b0b147d287c7c65ce4993e5d

361d1501a7ff4dc6b35bfcc0b8d125e4

ホテルのバーに行くつもりだったのに、食後の一休みのつもりが、そのまま熟睡。

☆在りし日のマメ吉☆

P1030682 9歳 北海道にて

|

« にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その3 稚内 | トップページ | にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その5 増毛・新千歳から帰宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その3 稚内 | トップページ | にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その5 増毛・新千歳から帰宅 »