« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月31日 (土曜日)

にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その5 増毛・新千歳から帰宅

8月31日、最終日。朝風呂・朝食の後、チェックアウト。

B705f6a7c3614bbdbdd80076b389cf9a

増毛に向かう。

A93f0c1804a34ffab2f0cda63a13bb83

増毛の街を散策。

C4eb475789c941cca153126eb46ef09c

95e01488c3d04ad6bd3ecb6133fd6995

3d1682a953974cf78eee84ef0842d709

F42149148c774031a8c439251f40096a

02ca3cbae0ce48b5af810135e93446b3

B8839c07d6ae4243825c7a6dae0ed650

A32a55f3a9ea438a8d38975933393321

「国稀酒造」を見学・試飲。

41a73b92cc4f476bbff522170597ae71

858b573f565541b59c5ae0d566cc1bec

D3b1b744c8484476a1957ee4826bd1d7

965934d81aac4aeb8104712cb01ad6da

D0bbdfe2998f457c8c329a6fb43de3c5

3c9aa82d6b11468190da02ebd5092a61

バスは高速道路で滝川へ。

Fc70121cba79427d94bfce1afce649c0

昼食は、滝川の「松尾ジンギスカン本店」。

B4a98110a90349db8f9646df95d38d78

D2a3969d3f6f4fbea9335d0eb9221d13

「ノーザンホースパーク」へ。

7ef4397c70234363b20d59b8e42fcaaf

Ead3f87dc38b4f25b73a7e8e037384d1

F50e824aacd848059c473a37fc4bed53

A5ece4925930457d841d07b0fce4c7ac

F5c6f199817b4045b9eb369ca846e70b

B6015041a8fb4d40922049bad7a9e743

8545ab68e69642ed84b2f0c04c066e80

D9d0fc7683aa4ac199d6eb7e89572d0f

ポニーショー。

318ac4f41b3949c59cc07be62cd12742

05d4de8e528a41a1b8cff38d2d7e6ae3

Df65e0d21e1e4a3a917ccc6d39cbda53

ベンチに尻尾!

564285aeeb024391b11e14843e923afd

97b1d25d663f46559abf6ac4473a22bb

ディープインパクトの献花台。

2f17180a530d46e0b3137fbaa823cf75

66334f6b179c473c82a2db13bfe1010f

新千歳空港から羽田空港へ。

Dscn2576

Dscn2590

一番の目的だった利尻・礼文島に行くことが叶わなかったのはとても残念。でも、船旅の魅力とツアーの便利さを知った旅。

☆在りし日のマメ吉☆

P1030644 9歳 北海道にて

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金曜日)

にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その4 留萌・天売島・羽幌

8月30日、留萌港へ向かう。

Bf2d9874214c4886a7236e2b5bf717c0

お船での最後の朝食。

141b0826715547cc862c460fe983bd75

留萌港接岸。

Adf661fe13d444bdb440143f6aeac700

3672dfa37ed44984b5a1a7cdf70ffcfc

盛大なお出迎え。

33e6d721859e4738ac84f406d8df5358

78fbfef67f174251a99c1766f1959493

077d4315d9db43169f8e01d1c4327b9a

ここで「にっぽん丸」とお別れ。1泊2日のオプショナルツアーへ。まず、「黄金岬」。マメ吉と13年前に訪れた所。

F934b5c25d3f4bc1b60c3a9b21843e81

13年前には無かった佐藤勝の「若者たち」の碑。

575bb416d6da4aa593a4fc9ea4e577de

「留萌海のふるさと館」。焼きホタテを一皿ご馳走になった。

3279195664314b0eb6943aa27ffbdfcd

3db90ce12a9f4485b3a08a56931538a1

「旧花田家番屋(にしん御殿)」。

21b827a6f57546ceb779d61ff646693c

4d729c5625d64e5c9876b766f3772020

Dscn2318

4d3251695b834896b856ca4d9e5b0b1a

道の駅「おびら鰊番屋」が隣接。

E8be602a264944c1876e841a64ba93a3

Dscn2330

羽幌町の「海鳥センター」。日本唯一の海鳥専門施設。

09ff604871ae40e783268a63dbf6da87

「はぼろバラ園」を通って、昼食会場のホテルへ。

Afa9b8edca494cfd8f8598e2994d1df6

昼食は「はぼろ温泉サンセントプラザ」にて。今晩のお宿。道の駅「ほっと・はぼろ」も入っている。

5dbb27e6733c46528fb853914d23d59c

B1cbb872b5794e3ba9061cece81e15d4

E9d3acad7c094415902ba6a359b5c1f4

5114d8627978468fbf095fcff41d07be

羽幌港からチャーターした高速船に乗る。

75e1f790355444ddb64aced8b087495e

67983eb8505849c490580abfa51b60ec

「焼尻(やぎしり)島」の横を通る。

Ab8a279bb7194fa3b7e09650b7046c7a

「天売(てうり)島」へ。

A158b1a29ffd409a94d2e1d603f9fdff

島内一周約12キロの島に海鳥が100万羽。小さなバスに分かれ、ガイドさんに案内して頂く。

Dscn2363

81e1b2c638ba4524932a6d745203e1fe

F0721f02f28949d69320867832dbb543

8fc5d1036bc242439784325d71cb32cd

650183cf76504cfdbc4dd8dcefb79112

E9c3d24464c54bf3854e16ce45caa640

E6c59234568b4512b568f35d16647ff3

島内の「海の宇宙館」。情報センター。

E53a66e0a21141398973cc657b6dd2c7

「赤岩展望台」。

8ef410a3035741189dee182697901ca9

4b69810ea11447709e4f5002d074333a

80dc8e6ef9c2431b933e686532749581

7a794a93d22a4623aabc3d438c9dcb13 

26d03a943993465e94efd729442b67e2

赤岩。

079885e8f27c4546bd96070fd549eff9

お隣の焼尻島が目の前。

A0ef8c6bcf1842929475228d1d102abd

Dscn2442

「海鳥観察舎」。

98046d40e3fe4e4faae6aaee8fc2694a

46fbde0798824d3d9db3dae637bed2d8

ウトウの繁殖地で、たくさんの巣穴。同じツガイが同じ巣穴を使うと聞き、びっくり。

B9dff4b243aa475c8ecf0d435f421248

0e79f14ff69547d4a83aa8a0b2d8ae9d

7985fc23d145493ea41ad00fe8701f1b

一面に一年草のイタドリ。

A683f52b230245fa9427d53491138708

81100d39be2b413cb6f4b6c7e75ed2f6

「観音崎展望台」。

09e4b09e10614bb69789c6a033ef548b

羽幌も見えた。

D65feecf187a4e82823479c9168c5abc

天売港に戻る。生ウニを頂く。動いていた!

86d00512a2294d19ada641907f37496f

B6c3a0e7635c43da857a932a4fd80d73

高速船で羽幌に戻り、「サンセントプラザはぼろ」にチェックイン。

Cd0df78575d248adb5aa081ca307efe3

純和室。

4e1143860d5d45e98e4f90ead5033295

大浴場の温泉に入り、お夕食。

15332716ef254b85aee27502ef96fe12

Da381f27b0b147d287c7c65ce4993e5d

361d1501a7ff4dc6b35bfcc0b8d125e4

ホテルのバーに行くつもりだったのに、食後の一休みのつもりが、そのまま熟睡。

☆在りし日のマメ吉☆

P1030682 9歳 北海道にて

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木曜日)

にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その3 稚内

8月29日、この日は「利尻・礼文二島早まわり」のオプショナルツアーの予定だった。このツアーがあるから、このクルーズを選んだ。それなのに!朝食後、強風で利尻島に上陸出来ない、との船内放送。「北東からの風 毎秒15m前後の強い風を観測。午後からさらに強まってくる予報で、波が高く、上陸を安全に行うことは出来ないと判断し、利尻島への寄港を断念した」とのアナウンス!

793a63fc260b4015bb969191c35283a6

Cee8e54d02604ea49bd0e134ed20d480

珍しいことではないそうだけれど、とても悲しい…。楽しみにしていたのに。

88db7ac7617c45ef81887bb1ec811a3c

0563e4d6337e4fc5b913868f3afcdecf

27bae3e58d304ddbaada6a8136cc07b9

急遽、「日本最北端・宗谷岬と稚内めぐり」の新規ツアーが設定され、これに申し込んだ。

Ac6143c9ce224395b0fc407e65e91175

13時、稚内港天北1号埠頭に着岸。

5780a5cbcb8240cca8f81401441a9ab3

昼食後、バスでツアーに出発。

79cc5bbe7dfd469c88cd8b0e4c9a429c

北防波堤ドーム。

4e8f37b72fb446a6b4b8df87e4d3b924

C753c5ecc67a41bbbdb8af7e81d9641a

稚内公園へ。北防波堤ドームも「にっぽん丸」も良く見えた。

Deab45d1c3e044d28e2ce865d340f0e8

Ec7fd287d0064078993e1208428738f8

「氷雪の門」「九人の乙女の碑」「南極観測樺太犬訓練記念碑」「樺太犬慰霊塔」など。

8c4fc1d992b24bf4b734ff820bd052f0

0fe6c170f1324db68974affe11d774a8

13fe070edf3b4a7eaa20d2164b465fff

6800efa9a3b94a089b12e066aa325d7f

259448a520664a7893fc4e8a2f42b0a3

9dd2a1fe644d49269a2da3aa644355c0

81840559703c429c8ce711f658d38a35

C9e91d72ddb44846b1b02d5ad8f712df

Ad51b12ea78148859310f19471498315

JR稚内駅。日本最北端の線路がある。

D889f3ae4d854902a9e56d4bd51c0481

9e69adf80425472ebaf2bba8c2f50a92

E49fe4f1277a438a9f9d6911dce440e4

道の駅「わっかない」はもちろん日本最北の道の駅。

1daa4eb8ff734f61ac4746fd6f01e0d4

北市場。

5b507bbb8b454a7688bfac6bde1a80c4

7194036d1f3949e4b9c868f902ad0e62

開基百年記念塔。

336490f303464af6ac6a6ee997d4d43c

宗谷岬に向かう。牛や鹿を見かけた。

Cbfbea8a1a90439babbdba8034755b51

5cf0fdfee0ae4f74a36e8a161d3039d3

宗谷岬。日本最北端。

921164fad2f54a5e93bc6be004599619

565a81bd7b8a40279979554149a560a6

宗谷岬公園の「祈りの塔」「音楽碑」「間宮林蔵の碑」「平和の碑」「宗谷岬灯台」「あけぼの像」など。

C6ec08ea046b4ae7a1cae2df538636be

5e4cb83546d449038231867adc9f84e0

6c415f833b524dc090fd6d96a211c800

F833b5d65c924000b655bf7f9f7f4545

E283d36cf2624510bb498c0da3e02e94

5460e7e1fc6644d28cffc3667aa5afcc

Bbeb083ed8df44b1ac4e4722eb788f9a

お船に戻る途中にあった「間宮林蔵渡樺出航の地の碑」。

A6c552c3d5744927b045f5d049d67757

夕方、「にっぽん丸」に戻る。

32b8baa635864eb68de4ac391b3288c1

すぐにお風呂へ。お風呂から出て、お部屋に戻って荷物整理をしている間に静かに稚内港から出港。「にっぽん丸」での最後のお夕食。

7946bc8a386642ccb52e6c97dd5e727a

D046d4a41a0e48378c2aeb9c76f67048

280b0b12b36e485e840bf7c7715e1b88

A081220cfef2477aae49cb54095efd01

3456e0711d014062a00bd63597ea2b11

Bf0cf000d1a045e0be2a669352e8f484

0871ad2b1e6c4c16bf86da50c077ba39

Ab3406e58c904c29a125881ba104f39f

お夕食後は、コンサートへ。

8e5de4a0b1c545e68bb81cac4218ce6c

☆在りし日のマメ吉☆

P10307389歳 北海道にて

| | コメント (0)

2019年8月28日 (水曜日)

にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その2 船内にて

8月27日、一通り船内を見学後、昼食。和食。

30033ce688cb4385a6cc4b631da0a987

「初乗船者の集い」。マメ吉パパ&ママは初クルーズ。お支度からワクワク。お茶のお稽古の先輩方から、クルーズのためにドレスを新調した・和服を持参したと伺い、大荷物になると慌てたけれど、今回のクルーズのドレスコードは「全てカジュアル」で、ホッとすると同時にちょっとがっかり。

B028804945184f36afe654711dea1fd1

アフタヌーンティーの時間。

E9d67133a0ad4bab9e93416c93a49426

メロディタイム。

73d2816e348f48f393bf0af4d3e1a5c0

写真講座「夕陽の撮り方」。

9015e332eb4542f5b251a6d82bf98003

グランドバスへ。海を眺めながら入浴。日帰り温泉並み。

1884ad3f30f0418c89b114d91e2f706a

お風呂上りにマメ吉パパはラウンジでクラフトビール、マメ吉ママはゴディバショコリキサー。

Ab3fe5ae4288425bad5eb2b37fb8eb5d

5207e7851102429c96e52929ffe665f5

52b77a65a6f64f60bd861cc99ec94d9b

6d62ecb9655b4f0b98157e6073cd0860

カクテルパーティ。

36b22ed60746498a8c74c5c1b1c4ea68

Fed68d9d027d46bd8948b35f89638fd5

お夕食は洋食。

C404a19ce6954e679960c7d26ed9a952

09855d2617254bf3b91f368158a74c2f

7561dc6362dc4e108c5159b622423612

1e4ded29f87644fcafbdc775bff048ea

F01ad61f0af3422daa1673a5fbe87191

3b083829c7f648fe88b28b151c63d7cd

Fe9cb23248a14c72ac9a85331025ef7f

「磯山純コンサート」は半分夢の中。この後、バーに行くつもりだったけれど、ダウン。忙しい1日だった。

09add64ea9cd480ebda8383f1f0b8089

28日、小雨の朝。

Ad12084f36a54e1f9e58efdafef90425

船長気分のマメ吉パパ。

51d6b1673ea74629aea0df0435400746

ラウンジでモーニングコーヒー。

5984b722f5db473e91849714cb33bad3

朝食は洋食。

7c50f8e3120041d2ab0270b3af487ed1

雨は止み、函館港接岸準備。9時入港予定。

7fcbc0a94e964d70b6640df38f8bf5c2

85f395f4e0e9404c80af84d6726feaf1

631c47d762244aba8b06225595456fe9

函館のオプショナルツアー参加者はお出掛け。函館は何度か(直近では一昨年夏に)訪問しているので船内で過ごすことにした。入港セレモニーあり。函館市からのお煎餅が配られた。

F53958acabd34a129f84a30fd038499e

Fa6f777160ac4782b9d569df87f93527

C8120a16aae84f4dbbf9afc482e755e7

大洗町からの「無事かえる」御守りも頂いた。

A54a9e33e4e843358b6e5fd911e2c78e

ラウンジでお仕事中のマメ吉パパ。

F7ee49b06fdc47bd8d033039b20cafc0

ラウンジのピアノを弾くマメ吉パパ。

75b15ff272214d1f9d26a223f193c5ea

昼食はビュッフェ。

88d96e1bc25a4522a1749862d27a1269

つい食べ過ぎてしまうので、食後の運動に8階のサンデッキをお散歩。7階のスポーツバーは天候が悪くて閉まったまま。

2659e5c619b34cc5a24dcdbcdae214dd

9a6f0fadb16149aeba0f23a864480e07

14時、函館港出港。

9424d200c12b4521848a73fcb550f73b

ビンゴ大会。マメ吉パパは白ワイン、マメ吉ママは函館名物いかせんべいを頂いた。

Aa3015b392be463187820a1803eb6251

78d2fa0944a04b6e8b83b7d99a67caf7

D39937dfd8ad45c6948f03f20433aaad

アフタヌーンティータイムはしっかりお茶を頂かずにはいられない…。

Cb1d5dd5d8064b5d8b17b2a082a17db1

「鈴木孝彦ラウンジコンサート」。

791bc406610d486fa0eba2c86ab05252

写真講座2 「人物の撮り方」。

63ff29e24a19405183963a7c6ac9e14b

お風呂へ。

656911473b294b259547674a06c0282f

現地ネイチャーガイドによる「利尻・礼文講座」。

3180ee847eb94d9e92fdac56cdfab868

お夕食は和食で「北海道ディナー」。

Ec1a167e9dec4b9eb63d216488fb03cf

「伊藤多喜雄コンサート」。

6bbda51a0c584eda991fba3fee74c9b2

カジノを覗く。

6bd54a31bb4b4161a06d732412de35b1

3590ab74b2214bbea79cd79d7cf93b3d

カクテルバーへ。

C74ebe024b01442791190eec69f39fcb

11a6bf68de584646ad9af770c0d00e96

08bf9f949f054d2eb0b02c9a08f6bfa8

盛り沢山の1日。

☆在りし日のマメ吉☆

P1030872 9歳 北海道にて

| | コメント (0)

2019年8月27日 (火曜日)

にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ その1 乗船

8月27日〜31日、「にっぽん丸で航く夏の北海道周遊クルーズ」。

28e9797c14cc4b90a4c26aa70b4b475d

Dscn1906

5ef13a27df4a4b13a0e7aa346659d103

27日、集合は、JR東京駅から徒歩8分ほどの「東京駅丸ノ内鍛冶橋駐車場」に朝5時50分。送迎バスで大洗港へ。

Ac0949fafeb14235a5e1f8c72e68f65e

005143a5544a4a64bf423466d0521400

大洗港で「にっぽん丸」に乗船。

660fbc678e5a47b896edf598965808c2

Dscn2003

3dd69f8a2d90483ea10661e0f6341859

一番リーズナブルなお部屋。これで十分。

343c6f38f1b54aca8fdf71fe0b21a7f6

C2bc3407692c4a4faf42a372b9100e27

Bc4b89a60ec44ff588ee5f4f3bdfadd1

4a77ec0ce5bf4bf2b8afd7d0949d3fe7

まずは避難訓練。

95c4fbbf0ffb4c1393edb3674aa3c337

ボンボヤージュサービスでシャンパンを頂き、10時出航。乗客370名。

D0190d2312624689b14fbb33d02a600b

1cb88c3dc73d48a499dfcc58cf425449

D8eec1bd92434bd8aff3efca5587ea60

F187a8c7627d4f778d1c74648572ccd4

Dscn1948

オリエンテーション。

Cd8e9b9653d143899eb007ce55d21cfb

船内ツアーに参加。

7068b4b1b4a84163a269732fe470e39d

Dscn1921

6615e7eaff8d440e9966e03f627a8055

680bd20f209344a9a07d5c43c3c81da0

Aee9d7d59b374cd9a8f70bd44a905b3a

2e0dca96930c476eb350db89946197d7

9dbfacfe3d2e4654a55533bec8173cad

0d0bc8b8a893479fbd3d74338a831ba6

4aeb1a42bf164c95bd6331e7395d9d40

16fabcfa69f64fbdbabbc1084f0bda18

Ac819e77f7e24255b1dcebe060007092

801beb43bb304aa69042f8386281b614

47343d83b1a844f0b7935cbf931d90a6

3bbce6eb32c0493cb254b6ba9401c54a

Bccb35072bb14388996b43a9328c562d

8b62bdf6507f4ec1a1a3d1c70efa9b1c

クリニックもある。

82dd47974b334101811ba8187876c8ee

何より驚いたのは、四畳半のお茶室。残念ながら、今回はお茶会は無かった…。

B1d460f80c7740b985793ecf5eda69ab

D57f891cd7a94bbf8adc5174672da687

毎日、その日の「イベント&食事スケジュール」が配られる。

Dscn1969

☆在りし日のマメ吉☆

P1030530 9歳 北海道にて

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火曜日)

2019年お盆明けの車旅

2019年の夏は、これまでにない酷暑で、お盆休みは車旅に出掛ける気力も体力もなくしダラダラ過ごしてしまった。8月19日、マメ吉パパに「出掛けるなら今日明日しかないよ」と言われ、夕方から、急遽、お出掛け。山梨の道の駅「どうし」にP泊。エアコン無しでも、ぐっすり眠ることが出来た。

Dscn1877

Dscn1874

道の駅「どうし」は、マメ吉と十数回、P泊したところ。道志のキャンプ場は、最近人気で予約が取れず、3年前に行ったきり。

Dscn1879

20日、道志道を走り、山中湖へ。涼しい。

Dscn1883

Dscn1884

道の駅「富士吉田」。

Dscn1888

Dscn1886

道の駅「なるさわ」。

Dscn1889

静岡の道の駅「朝霧高原」。

Dscn1891

田子の浦漁港へ。

Dscn1893

「田子の浦漁協食堂」でお昼ご飯。

Dscn1894

Dscn1898

Dscn1895

Dscn1896

Dscn1897

Dscn1900

神奈川に戻り、秦野の「名水はだの富士見の湯」へ。2017年オープン。FAF割引。

Dscn1904

Dscn1905

これからしばらく、車旅はお休み。

☆在りし日のマメ吉☆

P1020052_20190819123901 15歳 道志のキャンプ場にて

 

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日曜日)

CITTAの夏祭り2019

8月11日、ご近所にお買い物に行く途中、「ラ チッタデッラ」(川崎)の「CITTA'の夏祭り」を覗いた。

Img_2547

昨年の「青森ねぶた祭」の特別展示があった。

Img_2545

Img_2537

Img_2539

Img_2538

Img_2540

Img_2544

この夏は東北四大祭りを回る計画があったのだけれど、取り止めになった。いつか行ってみたい。

☆在りし日のマメ吉☆

P1010670 8歳

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金曜日)

あさまの森オートキャンプ場11回目

8月6日~9日、長野の「あさまの森オートキャンプ場」へ。11回目。

B76c751cf8864f7388127af79fbf188b

8月5日、マメ吉ママのフルートのレッスンが終わったらすぐにお出掛けするつもりだったのに、急にマメ吉パパの電話会議が入り、夕方の出発。東京の道の駅「八王子滝山」に寄った時は真っ暗。

777a648148fa4025bb5c6156592c11a9

中央道の双葉SAにP泊。暑かった!

Ea4dd292edcf46398f7902b9199f6bea

6日、山梨の道の駅「南きよさと」。

047a1bbc5c0741f0b34f7692ccb5be65

長野の道の駅「ヘルシーテラス佐久南」。

1ec64f2451424980a26dc953e368ec28

2433d41e2b1b4a3ead27af7947c8d02a

お気に入りのスーパーでお買い物。

437433b5245841fd9ffca7a7c2fe31e1

小諸市の「布引温泉こもろ」。初めて。内風呂からも露天風呂からも浅間山がよく見えた。JAF割引あり。

938c815c5af14e85b77174d8b0b9d699

7feca1b756c64fa1b3912d497530ee25

道の駅「雷電くるみの里」でお昼ご飯。

67cb4cc165544f14bb58f9ebdd4967b2

8fcd8d49fc894126b4fd91dc174e6f81

13時過ぎにキャンプ場へ。

B2d16aa81735418e94ddd511e4b44d47

電源無しサイトで3泊の予約。「かっこう14」。

097009e992094e4b991fc2734f499e86

384b36e37c3043aaadf1fbdf395caf79

9a9106d0c9324d52b885fb26936aa57f

森の中に居るようで大好きなキャンプ場。酷暑でも朝晩は長袖のカーディガンを羽織るほど。

Bc8c26c501a242f386738c6d9c0f0100

82e9c598495c4e8fa4d404f8b61c70bc

B208cf745f704da0917e3448a22c0812

2b43490b079e4358959716886b99f708

炊事場。お湯が出る。合成洗剤禁止。何だか雰囲気が変わったと思ったら、飲み物の自販機がなくなっていた。利用者が少なく撤去されたとのこと。

E49f477af84f4722a25595af3747369e

その代わりにカフェがオープン。

40f81b61b2cb40e698148a0138b14ca4

リピーター特典もビール&りんごジュースからコーヒーに。

1ea5cdcced4d474c97d2da0add058006

早速、カフェで一息。この日は他に1組だったので、オーナーさんとゆっくりおしゃべり。居心地の良いカフェ。

741733a6bdbd459685a287cd6a073709

42ad311d9e514a3f8e209b0ef9422181

A39c496cf3a94501bebb0c0bfb1f512e

夕方、激しい雷雨。

65439790188f41ecae3bdc9f9503f949

2時間ほどで止んだ。

A58d59d7e784480aaaf7a0fbebd77811

6ac53c245b4945d892a8c1a959ddadc3

夜は涼しくて快適。

96273fc0f9534cb89bbb77b56a097d8b

7日、朝から快晴。

2a3a710bc14740e0a9d2c513c60d194a

ブランコ類があちらこちらにあって、楽しい。

93ed75a9610f441a8a87f5b2a6ed9ad6

9fcfe578de0b46eea7653f71f4565d13

57c64c5d2aa543c4a2b37998fd117fe1

21f5062f74894d3b869f9101eb920b44

お昼ご飯まで場内でのんびり。

8824e0190d1b45f4a1e6b38d9a415cbc 

午後、お買い物と温泉に行くためキャンプ場を出たら、またも雷雨。近くのスーパーに行ったが、雨が激しくて車から降りることが出来ないほど。しばらく様子見。

1e8614552aa143c2b77291ef627b799c

小雨になったので「あぐりの湯こもろ」へ。

082b641d23694161afa3268b29bbb2ed

Ce9b0a9eda2742729950515e9d5adbbb

場内に戻るとじきに雨は止んだ、キャンプ場は水捌けが良い。夜は涼しかった。

2a1a8e779fcd4ef3a18a104e713ef150

8日朝、ヘリコプターの音がうるさいと思ったら、ニュースで「7日夜、浅間山が噴火」と聞き、びっくり。「あさまの森」は平和。ハーブを摘んでハーブティーに。

0307ad918cfc4abfabd9d201db99d73c

603ec7ddfb6c451d9294b9126ec9e550

ゴミの分類はとても細かい。チェックイン時に日数分のゴミ袋を渡される。

3ed63a05358842eeb0476c7f2738134a

92b016aaffdb4144b7ad9b091725792c

お昼ご飯を済ませてからお出掛け。前日と前々日に行った温泉の近くの「氷風穴」へ。

387374aa821f4c1d812f663f9b26f507

14e8a37215ff4240a9d71319575a84c5

風穴内は驚きの2度で、ひんやり。

2abde017fb864508971bf1d5dd928b7b

7c98068692714346b6bb68843b2ab24c

運が良ければ見ることが出来るという風穴霧を見ることが出来た。

499512bef01c47718f245ac6b0200c45

「布引観音」にも行こうと思ったけれど、厳しい石段に挫折。

Ac54ec64a1ec4381acbba6d895a5404c

94d34216e9184548be1b8f5873cf7e03

B8bd658620bd4b96908ace842a2071c3

道の駅「みまき」の「御牧乃湯」へ。

0b36d270587c4086af61fe5c90043455

キャンプ場に戻った途端、またも激しい雷雨。3日連続。

Bcf37fb642884eadadd7857927458c22

F7fd7d22ddf24b04802b0b1b1109f327

9日、晴れて、すっきり撤収。11時過ぎにチェックアウト。

1004cde4bdb84e10aec431d9d9c3a0af

南牧村の直売所などに寄って帰宅。

Ec950ef6ec01451c91fb2e99c65c683a

走行距離キロ600キロ。お盆休み前で、ゆっくり過ごすことが出来た。

☆在りし日のマメ吉☆

P1060838 14歳 「あさまの森」にて

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金曜日)

みなとみらい花火大会2019

8月2日、横浜の「みなとみらいスマートフェスティバル2019」の花火をマメ吉家のベランダから観た。

B6e56b8b22a94556bd364a342417495f

2a1c18fe790a46c6b05f8c007440c2de

9e1318027b2a465f8ea82a23231edd00

53958c0727be4ae2a41f556e0e14f2e5

836defeccd7a42eaa5d7ed877df1664f

8321f383ab4c4e4caadab21b7fd9d394

0153ed448c1f46c38c8cc3901e62f388

Dbe16b1a8ec244e799b5b5725ef49824

C8e2f9d54fe14945886452f129c2681b

297cddad23db4b1282120a14e46bbe27

9a020c5f75d946efb6b776e54b026814

54d27210452447edb550e7ce5f0213f4

8242146434ed4cccac060dd1b157ac25

E0d544a16509495c97c14272a9155f68

D3d03873aec14355a0d152c4a20ff810

☆在りし日のマメ吉☆

Dsc00002 2歳

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木曜日)

たんばらラベンダーパーク

7月31日、2日前にやっと梅雨明けし、猛暑から逃れるために朝食後、車旅へ。埼玉の道の駅「いちごの里よしみ」。

Dscn1585

群馬の道の駅「おおた」、「こもち」。

Dscn1589

Dscn1592

沼田で急に激しい雨。道の駅「白沢」の白沢高原温泉「望郷の湯」へ。

Dscn1597

雨は直ぐに止んで露天風呂も満喫。ポカリスエットのプレゼントあり。

Dscn1598

道の駅「川場田園プラザ」にP泊。夜になっても暑くて寝苦しかった。

Dscn1602

8月1日、沼田・玉原高原の「たんばらラベンダーパーク」へ。

Dscn1621

Dscn1615

Dscn1616

Dscn1623

Dscn1619

Dscn1624

Dscn1628

Dscn1633

Dscn1634

Dscn1648

Dscn1654

Dscn1659

Dscn1662

Dscn1664

Dscn1671

Dscn1666

Dscn1673

Dscn1678

Dscn1687

Dscn1679

Dscn1656

Dscn1691

Dscn1699

Dscn1702

Dscn1700

Dscn1701

日本一の天狗面がある「迦葉山(かしょうざん)弥勒寺」。

Dscn1710

Dscn1707

Dscn1705

Dscn1704

道の駅「川場田園プラザ」に戻り、お昼ご飯。

Dscn1712

道の駅「尾瀬かたしな」。昨年7月にオープン。足湯が気持ち良かった。

Dscn1713

Dscn1716

Dscn1715

道の駅「ふじみ」は定休日。

Dscn1719

道の駅「赤城の恵」の前橋荻窪温泉「あいのやまの湯」。久し振り。

Dscn1721

道の駅「玉村宿」。

Dscn1726

Dscn1725

涼を求めての車旅だったのに、群馬は暑くて暑くて…。あと2泊位するつもりだったけれど、挫折。夜遅くに帰宅。1泊2日、走行距離486キロ。

☆在りし日のマメ吉☆

P1010005_201907301012017歳

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »